社 員 紹 介

HOME | 社 員 紹 介

          

       
 

顔的存在の技術者を目指します!

        本多 誠(工務課ー1級土木施工管理技士)

 

Q1.入社を決めた理由を教えてください。
— インフラ整備を通じて直接地域に貢献できることで、達成感ややりがいを感じられる数少ない職業だからです。
 
Q2.その中でもこの会社に決めた理由は?
— 国道の維持工事やその他大規模な工事を請け負っていることを知り、そこで自分の技術を磨きたいと思ったからです。
 
Q3.仕事をする上で大切にしていることはありますか?
自分自身にルールを課してそれを守るということです。
それは時間を守るという基本的なことから、仕事に関する全てに置いて、決めたことは最後までやり通す。
自分で決めたことだからこそ、「やらないと!」という気持ちになります。
 
Q4.これからの目標をお願いします!
将来は、今よりもっとスキルを上げ、会社の顔的存在の技術者を目指して頑張っていきます。
 


          

資格取得を目標に頑張ります!

                           小林 壮太(工務課)

 
 
Q1.入社を決めた理由を教えてください。
—祖父が建設関係の仕事に携わっていましたので、小さい頃から土木に興味がありました。
 
Q2.実際に仕事をしてみてどうでしたか?
—最初の一年間は学ぶことばかりで毎日ついていくのに必死でしたが、一年を追うごとに自分の知識や技術が身について、今はこの業界のやりがいを感じています。
 
Q3.仕事をする上で大切にしていることはありますか?
—人とのつながりを大切にしています。工事が完成するまで様々な業種の方々と一緒に仕事を進めていかなければなりません。
意見交換をしながら、一致団結して作業していきます。
 
Q4.これからの目標をお願いします。
—将来は、現場監督を目指して、土木施工の資格取得を目標に頑張っていきます!
 

―土木施工管理技術者を目指す!

 
 将来、現場監督となる施工管理技士として働きたい社員を募集しています!

 
 
技術者になるには、土木施工管理技士の資格取得が必須ですが、1級・2級それぞれの受験資格を得る上で、一定の実務経験が必要です。
入社後は技術見習いという立場で、現場監督の助手として働くようになります。
現場助手として、日々の現場で実務経験を積みながら、設計・  施工・測量・積算・安全などの基礎知識を習得しましょう。
なお弊社では、資格取得における外部機関の講習等の利用をサポートします。
自分のペースで焦らず、資格取得を目指せます。
 
建設業の人材不足が懸念されるなか、施工管理技士になるため資格取得を目指すことは、自己のスキルアップになるとともに、仕事の安定にも繋がります。
インフラ整備の現場において、建設のプロフェッショナルになれるよう、一緒に頑張りましょう!
 
 
 

 
1級土木施工管理技術検定 受験資格(学歴)

・2級保持者、専任主任技術者経験の方、指導監督実務経験者等については条件が変わります。
学  歴 実務経験年数
指定学科卒業後 指定学科以外卒業後
 
大学
専門学校「高度専門士」

3年以上 4年6ヶ月以上

短期大学
高等専門学校
専門学校「専門士」
 
5年以上 7年6ヶ月以上

高等学校
中等教育学校
専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)

10年以上 11年6ヶ月以上(※1)

その他

15年以上

 ※1)上記実務経験年数のうち、1年以上の指導監督的実務経験年数が
含まれていることが必要です。

 2級土木施工管理技術検定 受験資格

学  歴 実務経験年数
指定学科卒業後 指定学科以外卒業後
 
大学
専門学校「高度専門士」

1年以上 1年6ヶ月以上

短期大学
高等専門学校
専門学校「専門士」
 
2年以上 3年以上

高等学校
中等教育学校
専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)

3年以上 4年6ヶ月以上(※1)

その他

8年以上

 ※1)高等学校の指定以外を卒業した者には、高等学校卒業程度認定試験規則(平成17年文科省令第1号)による試験、旧大学入学資格検定規定(昭和26年文科省令第13号)による検定、旧専門学校入学者検定規定(大正13年文科省令第22号)による検定又は旧高等学校高等科入学資格試験規定(大正8年文科省令第9号)による試験に合格した者を含む。

出典:一般財団法人全国建設研修センター